寝かしつけに挑戦しよう

寝かしつけに挑戦しよう

  1. HOME
  2. 寝かしつけに挑戦しよう

赤ちゃんは安心して眠りたいもの。疲れる前におやすみ前の日課を行えば、昼も夜も心の準備がしやすくなります。スキンシップや香り・お友達・音声などが役立ちます。ホワイトノイズ・おくるみ・抱っこ・トントン・揺れなどを組み合わせて、ママのお腹の中を再現するのも有効。また、ねんねの前後の授乳を工夫すればより寝つきがよくなるかもしれません。

赤ちゃんは安心して眠りたい!

生まれた後の環境が子宮と違うから、活発・慎重な赤ちゃんだから、または決まった手段がないと眠れなくなっているから、などの説があります。

  1. writer :Westin
  2. pv :06695

おやすみ前の日課をつくろう

赤ちゃんが疲れておねむの兆候を見せる前に日課を始めることが大切です。

  1. writer :Westin
  2. pv :03680

スキンシップ・香りとお友達

リラックスできる香りやぬいぐるみのようなお友達をプラスすれば、赤ちゃんがより安心してねんねできます。

  1. writer :Westin
  2. pv :02719

音とお話でリラックスを演出

赤ちゃんのお気に入りの音楽を習慣として流すなど、寝入りに心地よい事を色々と試してみましょう。ママやパパの声で話しかけることは赤ちゃんを落ち着かせる効果があります。

  1. writer :Westin
  2. pv :02039

おくるみでママのお腹の中を再現

赤ちゃんの興奮をしずめ泣きやませるのに大きな効果がありますが、股関節とひざを曲げられるようにして、安全には気つけてください。

  1. writer :Westin
  2. pv :03453

抱っこ&トントンのヒント

一方で、赤ちゃんは子宮の中の姿勢に近いC字抱っこで落ち着くとも言われます。また、寝かしつけ時のトントンは一定のテンポで優しくたたきましょう。

  1. writer :Westin
  2. pv :05774

眠りを誘うゆらゆらと動き

抱っこゆらゆらの他、ベビーラックなどを活用しましょう。できれば揺れや動きだけに頼らず他の手段と併用することがおすすめです。

  1. writer :Westin
  2. pv :04051

ねんねの時の授乳を工夫しよう

また、癖をつけないためにはおっぱいや哺乳瓶を加えたままで赤ちゃんを眠らせないのが望ましいとされています。

  1. writer :Westin
  2. pv :05181

質の良いお昼寝と寝かしつけ

活動時間と区別して、お昼寝前の簡単な日課を決めるのもいっそう効果的。時には時間がずれても大丈夫です。

  1. writer :Westin
  2. pv :09501